懸賞パラダイス

カテゴリ:未分類( 73 )

臨時教員が16歳と14歳の姉妹にわいせつ容疑(読売新聞)

 神奈川県警は10日、横浜市港南区上大岡東、同市立新田中学校臨時教員の宮内完太容疑者(25)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で逮捕した。

 発表によると、宮内容疑者は5月3日、同市旭区内の月決め駐車場に止めた乗用車内で、同区内の16歳と14歳の姉妹に現金計6000円を渡し、わいせつな行為をした疑い。調べに対し「彼女と会う時間がなく、遊ぶ相手がほしかった。18歳未満とは知らなかった」と供述。姉妹とは携帯電話のサイトで知り合ったという。

<米映画>「ザ・コーヴ」都内上映館ゼロに イルカ漁批判(毎日新聞)
きょう時の記念日…幻の福沢諭吉「改暦弁」、現物あった(産経新聞)
谷亮子、初の選挙カー演説で街宣車の洗礼(スポーツ報知)
橋下知事、強制連行の記述を擁護? 市民団体「根拠不明…撤去を」(産経新聞)
夏場所でも組長が観戦 大相撲(産経新聞)
[PR]
by 0cetbdg3yz | 2010-06-12 03:43

<口蹄疫>特措法成立へ 処分費用は国負担…民自公合意(毎日新聞)

 民主、自民、公明3党は26日、宮崎県で感染が拡大している家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)に対応するための特別措置法案をまとめた。自民党が25日に衆院に提出した緊急措置法案を基に、(1)家畜の殺処分や埋却は国の責任(2)被害農家への手当金や処分費用は国が負担−−などを盛り込んだ。2年間の時限立法とし、政府が予備費から総額1000億円を支出することでも合意した。特措法案は26日夜の衆院農水委員会で全会一致で可決された。27日に衆院通過後、28日の参院本会議でも可決され、成立する見通し。

 特措法案で民主党が歩み寄ったため、自民党は「初動対応が遅れた」と批判していた赤松広隆農相に対する不信任決議案について、26日の提出は見送った。同日午前に開いた自民、公明両党の幹事長、国対委員長会談でも、公明党が「(不信任案は)宮崎県民の感情を逆なでしかねない。法案を優先させるべきだ」と自重を促していた。赤松氏は26日夜、国会内で「内閣としてもまったく異議はなく、これに従ってやっていきたい」と記者団に語った。

 特措法案にはこのほか、被害農家の経営再建のための無利子貸し付けや助成▽地域経済再建に充てる基金の設置▽家畜伝染病予防法の抜本的見直し−−なども明記した。

 ただ、自公両党は「対策と農相の責任問題は別」として、赤松氏の不信任案を法案成立後に提出する構えを崩していない。自民党の大島理森幹事長は26日の記者会見で「農相から心のこもった答弁がまったくない。結果責任を厳しく問わなければならない」と指摘した。【木下訓明】

【関連ニュース】
口蹄疫:九州地方知事会が対策の強化・充実を要望
自民党:赤松農相の不信任決議案を提出へ 口蹄疫問題で
口蹄疫:「対策法案」自民と公明が提出
口蹄疫:家畜の埋却用地を宮崎県農業振興公社が買い取り
口蹄疫:「かごしま黒豚」20頭が宮崎県境から避難

「競輪」にも仕分けのメス…還付事業など「廃止」と判定(スポーツ報知)
日米防衛相 中国海軍監視で協力(産経新聞)
「頑張った」「罷免当然」遊説の福島氏に静岡市民(読売新聞)
下校途中の中1、踏切で列車にはねられ死亡(読売新聞)
民主参院に首相退陣要求強まる、小沢氏と再会談へ(読売新聞)
[PR]
by 0cetbdg3yz | 2010-06-02 05:48

小杉元文相の妻逮捕=8900万詐欺容疑―元秘書も・警視庁(時事通信)

 小杉隆元文相の支援者から8900万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は26日、詐欺容疑で、小杉元文相の70代の妻と元秘書を逮捕した。
 詐取総額は1億円以上に上る疑いがあり、捜査2課は裏付けを進める。
 捜査関係者によると、妻らは4回にわたり、投資話を持ち掛け、計8900万円を詐取した疑いが持たれている。 

【関連ニュース】
ウイルス作成者ら2人逮捕=個人情報流出、現金詐取容疑
融資保証金詐取容疑で3人逮捕=チラシ20万枚配布
読売広告社の子会社元幹部逮捕=5600万円詐欺容疑
国交省職員、詐欺容疑で逮捕=激甚災害事業めぐり500万円詐取

山崎直子飛行士 帰国後初会見 「月や火星にも行きたい」(毎日新聞)
殺人 トランクにタクシー運転手の遺体 放火も? 平塚(毎日新聞)
作業服姿で堂々と切断?電線3・4km分盗難(読売新聞)
口蹄疫 種牛49頭の救済要請 農水省、結論示さず(産経新聞)
<妙義山>登山中に滑落、東京の女性死亡 群馬(毎日新聞)
[PR]
by 0cetbdg3yz | 2010-05-27 11:38

救済案提示は見送りへ=和解協議入り、14日表明−B型肝炎訴訟で政府(時事通信)

 集団予防接種の注射器使い回しでB型肝炎ウイルスに感染したとして、患者らが国に損害賠償を求めている集団訴訟で、政府は13日、国側が北海道訴訟で和解協議入りする際、具体的な救済案の提示を見送る方針を決めた。
 原告側は早期解決を訴えており、具体案を示さない姿勢は反発が予想される。
 仙谷由人国家戦略相や長妻昭厚生労働相らが同日協議し、14日に行われる札幌地裁の進行協議で和解勧告に応じることを正式に決めた。
 集団訴訟は全国10地裁で計420人が係争中だが、今後は札幌地裁での協議を軸に救済案などの交渉が進められる。しかし、双方の主張は隔たりが大きく、難航する可能性が高い。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察審、小沢氏「起訴相当」を議決〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

脳細胞死滅を抑える酵素判明=神経疾患治療に期待−秋田大など(時事通信)
みんな、PHP総研前社長擁立(産経新聞)
<掘り出しニュース>地ビール人気再び 若い世代、ワインのように 京都や大阪でイベント (毎日新聞)
近鉄子会社の元社員を逮捕 着服10億円超…FX投資に(産経新聞)
官房長官、きょう鹿児島入り=徳之島町議と会談へ−普天間(時事通信)
[PR]
by 0cetbdg3yz | 2010-05-18 13:43

強風 100畳大凧が横転、露店直撃 1人軽傷 愛媛(毎日新聞)

 5日正午ごろ、愛媛県内子町平岡の小田川河川敷で行われていた「いかざき大凧(たこ)合戦」(同実行委員会など主催)で、呼び物の「100畳大凧揚げ」の際に横12.5メートル、縦14.4メートルの大凧が風にあおられて露店を直撃し、観光客の女性1人が左手に軽傷を負った。県警大洲署が、業務上過失傷害容疑の可能性もあるとして調べている。

 大凧は重さ約100キロ。クレーンでつり上げ、正午ごろ、地元中学生ら約100人がロープを引っ張り1メートルほど舞い上がったが、すぐに風にあおられて横転した。松山地方気象台によると、事故当時は最大瞬間風速が10メートルを超えていた。

 軽傷を負った同県大洲市の女性は、「子供を守ろうと左手を出したら凧に当たった」と驚いていた。

 約400年の歴史があるとされる大凧揚げは毎年「こどもの日」に行われ、この日の観客は4万2000人。風が弱く揚がらない年も少なくないが、今年は「10年ぶりの凧揚げ日和」(同実行委)だった。【門田修一】

【関連ニュース】
交通事故:山陽道で3台衝突 1人死亡2人けが…山口
交通事故:バイクと乗用車が衝突 15歳の少女死亡…石川
山陽道:8台絡む追突で3台炎上 3人が死亡 兵庫・姫路
交通事故:76歳男逮捕 女性2人はね死なせた疑い 奈良
シニアカー:事故ご用心 歩行者に追突、加害者に

<水俣病>首相、国の責任認め謝罪…慰霊式に初の参列(毎日新聞)
抗がん剤「アービタックス」で因果関係否定できない死亡が2例(医療介護CBニュース)
<カレーうどん>ご当地グルメに…愛知・豊橋がキャンペーン(毎日新聞)
<普天間移設>首相、沖縄・徳之島案を表明 (毎日新聞)
東名道40キロ超、午後はUターンラッシュ(読売新聞)
[PR]
by 0cetbdg3yz | 2010-05-07 13:41

橋下新党支援で「経済人の会」=会社社長ら240人で発足−大阪(時事通信)

 大阪府の橋下徹知事が代表を務める地域政党「大阪維新の会」を応援するため、府内の会社社長や自営業者ら約240人が22日、支援団体「経済人・大阪維新の会」を発足させた。
 呼び掛け人らは、同会設立の趣旨を「大阪を改革し、再生させる運動を手助けしたい」と説明。知事が主張する大阪府・市の解体、再編の実現に向けて、民間からの寄付の受け皿となったり、個人も含めた賛同者の拡大に取り組んだりする。
 同会が同日夜、大阪市内で開いた発足式には、橋下知事も出席した。 

【関連ニュース】
山田日本創新党党首の一問一答
公務員3分の1削減=「第三極」連携にも意欲
日本創新党と「立場違う」=国政とは一線
「新党の話してない」=橋下、東国原知事と接触
「地方からの改革を注視」=経団連会長

橋下知事が合併推進を表明 大阪・高槻市と島本町(産経新聞)
<愛知5人殺傷>長男を簡易鑑定へ(毎日新聞)
<事業仕分け>調査員の1年生議員、力量試される?(毎日新聞)
<普天間問題>社民幹事長、徳之島移設案に反対(毎日新聞)
社会医療法人、94法人に(医療介護CBニュース)
[PR]
by 0cetbdg3yz | 2010-04-24 06:20

山崎さんの宇宙カボチャ全国へ 名誉市民にも 松戸市(産経新聞)

 千葉県松戸市出身の宇宙飛行士、山崎直子さん(39)と、宇宙を旅した松戸生まれのカボチャの種を増やして、全国の小中学校に贈る計画が具体化した。宇宙カボチャの栽培協力で、市と農業研究機関「日本園芸生産研究所」(同市紙敷)が20日、協定を結んだ。11〜12月にも宇宙カボチャの種が採取され、来春には二世の栽培ができるという。

[フォト]  国際宇宙ステーションでは“宇宙ミズナ”の栽培も

 「かぼちゃの種とともに行ってきます!」とのメールを市内の知人に送り、飛び立った山崎さんは、同研究所で誕生したカボチャ「松戸白(まつどしろ)」の種と、「松戸白」と市が交流するカンボジア・プレイベン州のカボチャとの交配で生まれた「国際交流かぼちゃ」の種計350粒を宇宙に持参した。

 松戸市に戻った種は秋にまかれ、3〜4カ月で実をつけるという。宇宙カボチャ一世から採られた二世にあたる種は、市立小学校44校や希望する全国の小中学校5千校に配られ、三世、四世と育ててもらう計画だ。同研究所の伊東正理事長は「秋には種をまけると思う。食用にも問題ないので全国で栽培してほしい」と話している。

 山崎さんの帰還歓迎準備も着々と進み、市では山崎さんに「松戸名誉市民」の称号を贈る方針。また、山崎さんが宇宙への夢をはぐくんだ市民会館のプラネタリウムも、山崎さんを記念する名称に変えるという。

【関連記事】
どこか違う?「宇宙カボチャ」 初収穫、種は全国の小学校に
宇宙ミズナが地球へ ママさん飛行士のスペースシャトルで
規格外野菜を実験販売 イオン、高騰受けて
食ってみた「1万円ラーメン」! ついに明かされたそのスープの秘密
チョコもチーズもサーモンも来ない…噴火、日本の台所直撃

“カツマー”の生き方「結婚、子育てで女性は成長出来る」(産経新聞)
財政試算示すも「持続性」に不安の声−高齢者医療制度改革会議(医療介護CBニュース)
監禁容疑で10人目逮捕=公園前路上の男性遺体−警視庁(時事通信)
<阿久根市議会>市長不信任案を全会一致で否決(毎日新聞)
独居高齢者の安否、乳酸菌飲料の無料宅配で確認―千葉県成田市(医療介護CBニュース)
[PR]
by 0cetbdg3yz | 2010-04-21 15:15

<名古屋女性殺害>弟ら5人逮捕 傷害致死容疑(毎日新聞)

 名古屋市南区の市営アパートで9日、死体で見つかった細川咲子さん(42)を金属バットで殴るなど暴行して死亡させたとして、愛知県警南署は同日、細川さんの弟夫婦ら5人を傷害致死容疑で逮捕した。5人とも容疑を認めているという。

 逮捕されたのは、いずれも職業不詳で同市に住む、細川さんの弟の細川一男(36)▽内縁の妻の箕浦明美(35)▽荒良木渉(20)の3容疑者と少年(19)と少女(17)の2容疑者。【高木香奈】

夫刺し車に飛び込む=妻が意識不明−東京(時事通信)
<ホームオブハート>慰謝料上乗せ 原告側と和解(毎日新聞)
川崎市発注工事で談合=業者に課徴金1億3000万円−公取委(時事通信)
間寛平さん アースマラソン一時中断 米で治療(毎日新聞)
1Q84 発売開始 ファン次々と(毎日新聞)
[PR]
by 0cetbdg3yz | 2010-04-17 14:58

幹事長に舛添氏を…自民熊本県連(読売新聞)

 自民党熊本県連は5日、党の支持率が低迷していることなどから、緊急役員会を開き、党幹事長に舛添要一・前厚生労働相の就任を求める方針を決めた。

 7日に開かれる全国幹事長会議に提案する。

 前川收県連幹事長は「支持率が上がらない現状では、参院選で敗れ党が雲散霧消してしまう。国民の間で支持が高い人を前面に出し、政策を訴えることが取るべき道だ」と話した。

小沢氏と「互いに頑張ろう」=鳩山首相(時事通信)
神奈川県不正経理、元職員2人を詐欺容疑で逮捕(読売新聞)
<日本学術会議>受動喫煙の対策強化を提言 立法措置求め(毎日新聞)
両陛下が伊東市で「池のさと」ご散策(産経新聞)
小沢氏と「互いに頑張ろう」=鳩山首相(時事通信)
[PR]
by 0cetbdg3yz | 2010-04-12 17:56

郵政票>民主らしさ 「郵政」対立収拾も… しこり残す小沢流の影響(産経新聞)

 郵政改革案をめぐる国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相と民主党の仙谷由人国家戦略担当相、菅直人副総理・財務相当らの対立は、30日に鳩山由紀夫首相が亀井氏の案に賛成し収束することになった。今回の対立の背景には、民主党が「郵政票」を取り込むために、それまでの民主党の政策を変更して、亀井氏案の方向を容認してきた経緯がある。こうした選挙優先主義は小沢一郎代表(現幹事長)時代から続いている。今回も首相は小沢氏の選挙重視の路線を踏襲した形で、民主党内にはしこりが残りそうだ。(斉藤太郎)

 「小沢さんのレールで合意して郵政見直しは進んできたんだから。今や郵政は民主党政権の(選挙の)力の源泉なんだ。特に、地方の若手議員は郵政以外に選挙運動のよりどころがないでしょ」

 30日夜、「亀井案」での決着を聞いた国民新党幹部はこう語り、夏の参院選を控え、政府・民主党に選挙への配慮が働いたとの見方を示した。

 仙谷氏らは小泉政権時代、「官から民へ」を進めようと、ゆうちょ銀の預入限度額を500万円に引き下げる案をまとめていた。かつての「民主党らしい」政策は亀井氏らの主張とは正反対だった。

 だが、平成18年に民主党代表に小沢氏が就任して風向きが変わった。選挙を重視する小沢氏が国民新党を支援する「郵政票」に目をつけたのだ。

 民主党は20年には、国民新党と「郵政民営化見直し」で合意。当時の民主党の政策担当者は「郵貯が国債などを買い支える仕組みを維持する考えに民主党は変わったんだ。選挙で応援してくれるしね」と振り返る。小沢体制下で不遇をかこっていた仙谷氏らは方針転換を知らなかったといわんばかりの指摘だ。

 昨年12月には、民主党は国民新党がこだわる日本郵政株式売却凍結法も成立させた。亀井氏にとって今回の改革案はその延長線上にある。

 一方、仙谷氏らは改革案を「官が肥大化し、日本の病気が悪くなる」と批判してきた。逆に「改革後退」とみられ、内閣支持率がさらに落ちると恐れたのだ。

 だが、首相は亀井氏に軍配をあげた。仙谷氏は30日夜、内閣府で記者団から、首相が預入限度額を2千万円に引き上げたら従うかと問われ、「だって閣内にいるんだもん。そういうことです」と語ったが、心中は穏やかではなさそうだ。

「春 足踏み」 比叡山雪化粧(産経新聞)
<出資法違反>ゲーム開発で100億円集金か 愛知県警捜査(毎日新聞)
風で制帽飛び電車乗れず JR西車掌、タクシーで追いかけ14分遅れ(産経新聞)
NEC、メタボ健診を30歳まで引き下げ(読売新聞)
当直医師を書類送検=必要検査せず女性死亡−業過容疑で警視庁(時事通信)
[PR]
by 0cetbdg3yz | 2010-04-07 13:37



不況を懸賞で乗り切るコツ紹介
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
同期会は馬刺?!
from Anything Story
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧