懸賞パラダイス

医師確保事業で着服、宮崎県職員を懲戒免職(読売新聞)

 宮崎県は、約222万円を着服したとして、県医療薬務課の長倉秀樹副主幹(46)を5日付で懲戒免職処分とした。

 全額返済したが、県は刑事告発も検討している。

 発表によると、長倉副主幹は県と15市町村が会費を負担している医師確保対策推進協議会の預金口座を管理。2009年8月5日〜11月13日、この口座から計6回にわたって勝手に現金を引き出した。

 着服した金は、消費者金融からの借金返済に充てたほか、競馬や宝くじの購入にも使ったという。推進協の総会前に通帳を確認したところ、未決済の出金があり、発覚した。

 監督責任を問い、福祉保健部長や同課長補佐ら4人も減給10分の1(1〜3か月)の懲戒処分とした。

 東国原英夫知事は「医師確保対策という切実な課題に関する経費の横領で、深くおわびしたい」とのコメントを発表した。

囲碁 小5の藤沢里菜さんが棋士試験合格 史上最年少で(毎日新聞)
アッバス氏、衆参議長と会談(時事通信)
【中医協】「後発医薬品使用体制加算」の新設を了承(医療介護CBニュース)
新宿区が障害給付の申請拒否で謝罪(医療介護CBニュース)
横浜事件 65年…「やっと答え」遺族ら万感 無罪判断(毎日新聞)
[PR]
by 0cetbdg3yz | 2010-02-12 11:07
<< 米の防衛義務、竹島には「生じな... <雑記帳>バレンタインデーに京... >>



不況を懸賞で乗り切るコツ紹介
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
同期会は馬刺?!
from Anything Story
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧